データのインポート
データのインポート
次へ
前へ

データセンター を使用すると、Forex Testerに履歴データをインポートすることができます。ここでは、私たちのデータサーバーやファイルからこれらのデータのインポートが可能です。私たちのサイトでは、2001年1月1日から現在までの履歴データを無料で提供しています (http://www.forextester.jp/data/datasources)。また、このデータソースを最適かつ最高品質のソースの一つとして使用することが推奨されます。また、テキストフォーマットでデータを提供できるその他のソースを使用したり、MetaTraderから履歴をインポートすることもできます(履歴に途切れている部分がある場合があるため、推奨されません)。

Forex Testerにインポートするには1分足のタイムフレームを使用することが強く推奨されます。これ以上のすべてのタイムフレームの再計算でこれが使用されるためです。例えば15分足をインポートする場合、15分未満のタイムフレームは不適切となります。

履歴のインポートは、 履歴モード においてのみ有効になっています。データセンターにアクセスするには、このボタンをクリックしてください。


または、このメニューアイテムを使用してください。


私たちのサーバーまたはファイルから履歴データをインポートするには、私たちのデータセンターを使用することができます。




データサーバーから履歴をインポート

データサーバーから履歴をインポートするには、まずシンボルを選択し、その後[Update from server]ボタンを押す必要があります。このシンボルについて、ブローカーおよびシフト時間の値を定義することができます。これらの値は以降のインポートについて保存されるため、これを行う必要があるのは一回のみです。私たちのデータサーバーからインポートする場合、これらの値を使用して選択されたブローカーから選択されたシフト時間内での見積がインポートされます(サーバー内部ではGMT時間を使用していますが、使用するタイムゾーンにデータを合わせるよう異なるシフト値を選択することもできます)。使用できるブローカーのリストは、サービスタイプによって異なる点に注意してください。Forex Testerの価格に含まれている無料サービスを使用すると、1つのブローカー(Forexite)のみから履歴データをインポートすることができます。異なるブローカーからデータをインポートしたい場合、スタンダードまたはVIPサービスにお申込みください (詳細情報)。

[Update from server]ボタンを押すと、以下のダイアログが表示されます。


このダイアログでは、[Info]ボックスにブローカーに関する情報が表示されます。ここには、どの履歴サーバーにこのブローカーおよびシンボルを対象とした情報があるか、利用できる日付範囲が表示されます。データサーバーからは、1分足履歴とティックデータ履歴(リアルティックデータから構成され、最高品質のテストが行えます)の2種類の履歴が提供されます。ティックデータ履歴を使用できるのは、VIPサービスの申込者のみです。

"Date range" ボックスでは、履歴のどの部分をダウンロードするか定義することができます。 "Download new history" オプションを選択すると、最終更新から履歴のみを取得します。例えば、2010年1月1日までの履歴をすでにダウンロードしており、今2010年10月1日である場合、プログラムによって2010年1月1日から2010年10月1日までの履歴部分がダウンロードされ、以前にインポートされた履歴と統合されます。この方法は、常に最新の履歴データを保持するように随時履歴を更新する際に非常に役立ちます。空の履歴がある場合(またはインポート前に履歴をクリアした場合)、このシンボルについて使用できるすべての履歴がダウンロードされます。

"Download part of history" オプションを選択すると、要求された期間について履歴を取得し、履歴は以前にインポートされた履歴データと適切に統合されます。

In the "Select data to download" ボックスでは、ダウンロードするデータタイプを定義することができます。1分足履歴のみ、ティックデータ履歴のみ、またはこれらの両方をダウンロードすることができます。ティックデータ履歴を使用できるのは、VIPサービスの申込者のみである点に注意してください。

Click the "Update" ボタンをクリックして、ダウンロードを開始します。


大量の履歴データを要求した場合、サーバーがこれを用意するのに時間がかかる場合がある点に注意してください。


ファイルから履歴データをインポート

ファイルから履歴データをインポートするには、 "Import from a file" をクリックしてください。

表示されたダイアログウィンドウで[...]ボタンをクリックし、履歴データの含まれるファイルを選択します。ファイルタイプは、ASCIIフォーマットの*.txt *.csv またはMetaTrader 4フォーマットの *.hstが使用できます。最新の履歴データが含まれるファイルをダウンロードするには、以下のリンクに移動してください。 www.forextester.jp/data/datasources


私たちのウェブサイトの[Data Sources]セクションに、2001年1月から現時点までの1分足フォーマットの履歴データを用意しています。これらのファイルは毎月更新しています。


ダウンロードして、コンピュータのフォルダ(例えば[ダウンロード]フォルダ)に保存したい通貨ペアをクリックします。


ダウンロードが完了します。ただ、ダウンロードしたのは*.zipファイル(圧縮されたファイル)です。ファイルを保存したフォルダを開き(私たちの例では[ダウンロード])、右クリックし、メニューから[Extract all]を選択します。


プログラムの "Import history data" ウィンドウに戻りましょう。赤い矢印のところにあるボタンをクリックします。


解凍したファイルを検索し、 "Open" をクリックします。


私たちのサイトからデータをインポートする場合、プログラムによって適切なシンボルが検索されます。これ以外の場合、ご自分で通貨を選択します。シフト時間の値は通貨設定からコピーされます。ここでは変更しないことが推奨されます。チェックボックスのチェックを外して以前にインポートされたデータをすべてクリアすると、新しい履歴で置換することができます。 "Next" ボタンをクリックします


プロパティを見てみましょう。私たちのサイトからファイルをダウンロードした場合、何も変更する必要はありません。他のデータソースから取得した場合、一部のカラムやデータタイムスタイルを調整する必要があるでしょう。 "Import" をクリックします。


データインポートは、数秒から数分かかります。しばらくお待ちください。


インポートが完了したら、 "OK" をクリックして、データセンターウィンドウを閉じます。


インポートされたデータを確認します。


新たにインポートされたデータは、以前にインポートされたデータと適切に統合されます。つまり、すでに8年部の履歴をインポートしており、先月について新たなデータをインポートすると、これは既存のデータに統合されます。古いデータと重複する新しいデータをインポートした場合も、すべてのデータが削除され、新しいもので置換されます。

データのインポート
次へ
前へ
X
Forex
Tester

Forex TesterはFXマーケットのトレードをシミュレーションできるソフトウェアです。 FXトレードストラテジーを作り、テストし、修正し、利益を上げる方を学べます。(マニュアルトレードも自動売買もテストできます。)

Forex
Copier 2

MT4の口座同士のトレードをコピーするソフトです。すべてのFXブローカーで使用できます。ロット調整、リスク管理、トレードのフィルター、逆トレードなど多くの機能があります。ライセンス買取式です。

Forex
Smart Tools

優秀なマネーマネージャーになるのを助けます。FXトレードで稼ぐエリートグループの仲間になれます。