Forex Testerには、5つのチャートモードにあります。 これらはツールバーと、表示メニューにあります。

1つ目はキャンドルモードです。 キャンドル(ロウソク足)はForex Tester3の初期設定になっています。 ロウソク足は2色の四角に、上ひげや下ひげがついています。

2つ目はバーモードです。

このモードは垂直線に水平の区切りがついたバーで構成されます。 垂直線は、高値と安値の幅を表し、左の水平線は始値、右の水平線は終値を表しています。

3つ目のラインモードは、高値と安値を結んだ連続の直線です。

4つ目はレンジバーモードです。 このモードを使うには、"ファイル --> 新規レンジバーチャートを追加"から、レンジバーを作りたい通貨ペアを選択してください。

この後、Forex Testerは"レンジバーサイズ"を聞いてきます。 数値をいれ、OKをクリックしてください。

各ロウソク足、またはバーのスプレッドは、入力した数値と同じになります。

5つ目のモードは、レンコーバーモードです。 このモードを使うには、"ファイル --> 新規レンコーバーチャートを追加"から、レンジバーを作りたい通貨ペアを選択してください。 さらに、あなたがピップでバーサイズを特定し、 OKをクリックする必要があります。レンコバーのサイズは影なしバー本体のサイズであることに注意してください。

最後に、6番目のモードはティックチャートモードです。これは、現在のデータ範囲の中における価格の変化を表示します。ティックチャートに戻るためには、画面上部左側の”ティック”タブをクリックしてください。

初期設定では、陽線は黒色でライム色の枠線になっています。 陰線は白色でライム色の枠線になっています。ロウソク足の色やチャートの背景は変更可能です。チャートの上で右クリックをして、"チャート設定"オプションを選択してください。

Forex Testerには、9つの配色設定が組み込まれています。 試しに、デフォルトの配色を、"Black on White"の配色に変更してみましょう。 この設定にすると、ロウソク足の枠を黒にし、配色を変更します。 陽線は白に、陰線は黒になります。

下記の配色を変更です。

  • 背景色
  • フレームとテキスト
  • グリッド
  • ロウソク足の枠線
  • ロウソク足のボディーの色
  • 期間区切り線

"その他の色"タブで、チャート上に表示されるその他の重要なラインの色を変更できます。 デフォルトでは、損切、利確、負け取引、買いマーカーは赤色に設定されています。 その他の項目(注文レベル、勝ち取引、売りマーカー、ボリューム)は緑色になっています。 これらの色は、右についているドロップダウンメニューから、お好きな色に変更ができます。

また、"チャート設定"タブでは、各オプションの表示/非表示を選択できます。

"ボリュームを表示"のチェックをはずすと、ボリュームインジケーターが消えます。

ポジションを入れて決済すると、エントリーと決済ポイントが線でつながります。 この線も消すことができます。 このラインを消したい場合は、チャート上で右クリックをしてチャート設定をだし、"チャート設定"タブにある"口座履歴を表示"のチェックをはずしてください。

"期間区切り線を表示"にチェックが入っていると、1日の終わりに垂直のドット線が表示されます。

"グリッド"も非表示にできます。 グリッドはチャート上に表示される四角のドット線で、プライスなどを目視するのを助けます。 グリッドはロウソク足のプライスと時間を確認するときに役立ちます。

"期間区切り線"は1日の始まりに表示される垂直なドット線です。 グリッドは四角のドット線で、チャートのある箇所のプライスなどを把握するときに便利です。

また、"ボリューム"、"口座履歴"、"グリッド"、"期間区切り線"は、チャートを右クリックしたウィンドウから、表示/非表示することができます。

他の方法では、"表示 --> チャート"メニューから同じオプションが見つかります。

インジケーターや口座履歴をロウソク足の下に表示したい場合は、"チャートを前面にする"にチェックを入れてください。

売値は売り注文を入れたときに入る売りプライスを表示するラインです。

同じように、買値は買い注文を入れたときに入る買いプライスを表示します。

"チャート設定"タブからこのラインの表示/非表示ができます。

インジケーターをチャートにいれている場合、現在のプライスがプライス軸に赤く表示されます。 ”指標バリューを表示する”というこれらのオプションから有効化/無効化を行うことができます。

右のオフセットとは、プライス軸と最新のロウソク足のスペースのことです。 右のオフセットのチェックをはずすと、ロウソク足とプライス軸の間にスペースはなくなります。

スクロールバーを使って、空白の広さを変更できます。

"固定プライスレンジを使用"にチェックを入れ、チャートの上限と下限の数値を設定すれば、チャートはそのプライスレンジに固定されて表示されます。

"固定スケールを使用 1ピクセル:1ポイント"のチェックをはずすと、チャートの最高値と最安値が常時表示されるようになります。 この機能にチェックを入れると、ロウソク足の高さが変更されます。この変更はお使いのPCのモニター解像度に依存します。

初期値では、水平線のグリッドは5pipsごとに描かれます。 この数値を変更したい場合は、"固定グリッドを使用"にチェックを入れ、お好きな数字を入力してください。 たとえば、固定グリッドを"30"に設定したとします。 すぐにグリッドの間が広くなったことに気がつくでしょう。

"全てのチャート"タブでは、チャートがスクロールするスピード、マウスやマグネットの感度を変更できます。 もしスクロールスピードを10にしたら、初期値の"1"よりも10倍早くスクロールすることに気がつきます。 この設定を試したいなら、チャート上で左クリックをしたまま、マウスを左右に動かしてみてください。スクロールスピードが変わったことが分かります。

"ラインに対するマウス感度"をテストしたいなら、まずは、チャートへラインを引いてみてください。 ラインをダブルクリックした後、ラインをドラッグして動かしてみてください。 "ラインに対するマウス感度"が3なら、ラインから3ピクセル離れていてもドラッグできるようになります。

チャートを縮小して、ロウソク足をもっと表示させるには下記の方法があります。

  1. ツールバーの"チャートスケールを縮小"ボタンをクリック
  2. メニューバーから、"表示 --> 縮小"をクリック
  3. キーボードのマイナスボタンをクリック

ロウソク足を大きく表示させる方法は下記の通りです。

  1. ツールバーの"チャートスケールを拡大"ボタンをクリック
  2. メニューバーから、"表示 --> 拡大"をクリック
  3. キーボードのプラスボタンをクリック

複数表示させたチャートを並べるには、メニューの"ウィンドウ"にあるオプションを使用します。

  1. "重ねて表示"は、チャートを少しづらしながら重ねていきます。
  2. "水平分割"は、左から右にチャートを配置していきます。
  3. "垂直分割"は、上から下へチャートを配置していきます。

Forex Testerに入っている9つのパネルは、いつでも有効/無効に切り替えられます。 パネルを表示させたい場合は、"表示 --> パネルを表示"から表示させたいパネルを有効にしてください。

  1. "シンボル"パネルは、現在のプロジェクトに入っている通貨ペア名がリストされます。売値、買値、スプレッドも表示されます。
  2. "ティックチャート"は、ロウソク足のプライスの変更を表示します。この参考例では、93.41でバーが始まっています。その後、93.35までプライスが上がり、93.42でプライスがクローズしました。
  3. "統計"ウィンドウでは、ストラテジーのパフォーマンスについて各種情報が表示されます。
  4. "スクリプト"では、使用可能なスクリプトがすべて表示されます。スクリプトはユーザーが設定したアルゴリズムです。
  5. "データ"ウィンドウは、現在のロウソク足の情報が表示されます。日付、ロウソク足の時間、始値、安値、高値、終値、ボリューム、バーインデックスです。 ロウソク足の情報をみるには、カーソルをそのロウソク足まで持っていってください。 常にロウソク足の情報を表示させておきたいのでしたら、"ロックインデックス"にチェックを入れ、表示させたいバーの番号を設定してください。 ロウソク足は、0からカウントします。1ではありません。また、右から左に向かってカウントします。
  6. "オープンポジション"タブは、すべてのオープンポジションを表示します。
  7. "指値/逆指値注文"タブは、すべての指値/逆指値注文を表示します。
  8. "口座履歴"タブは、決済した注文の一覧です。
  9. "ジャーナル"は技術的な情報を表示します。インジケーターのロード、注文の執行、変更、決済、テストの開始など。

"ジャーナル"の記載内容を消したい場合は、ツールバーの"ジャーナルを消す"ボタンをクリックしてください。

Forex Tester3は、 10 の言語に翻訳されています。表示言語を変更したい場合は、"ツール --> 言語"から選択してください。

”ツール→オプション”メニューへと操作するとき、ウィンドウに4つのタブがあることに気づくと思います。”初期オーダー”は、同じパラメーターで度々オーダーを開く場合に特に便利なものです。例えば、40ピップでストップロスのオーダーをし、0.2と同じロットサイズの60ピップで利益を取りたい戦略の場合、簡単にそれをセットアップできます。

  1. ”追加”ボタンをクリックする
  2. ”ロット”オプションの右にあるドロップダウンメニューから“0.2”バリューをセットする
  3. ”40”を手動で入力、もしくは”ストップロス”オプションの近くのドロップダウンメニューを使う
  4. ”60”を手動で入力、もしくは”利益を受け取る”オプションの近くのドロップダウンメニューを使う
  5. 必要であればコメントを追加する
  6. ”OK”をクリックする

これで、デフォルトの買い注文を追加できました。上記のバリューでスタンダードオーダーを開く必要がある場合、CTRL+Bショートカットキーを利用してください。

CTRL + Sのショートカットを使用して配置するという同じ手順で、デフォルトの売り注文を設定することができます。

ふたつめのタブは、”ホットキー”と呼ばれるものです。ForexTesterで適用できる全てのアクション、そして対応するホットキーをを見つけることができます。すでにあるホットキーのバリューを変更する必要がある場合、または、バリューを無効化する場合、ショートカットの名前をダブルクリックし、ドロップダウンメニューから必要なショートカットを選択します。

“サウンド”タブで、ForexTesterにある4サウンドを消す、または聞く、を設定することができます。これらのサウンドは、間違いもしくは成功の時やテストを開始したり終えた時に流される.wav filesを表すものです。

自身のオーディオファイルを設定するには、”オープンファイルダイアログ”ボタンをクリックしてください。

サウンドを消去する場合、”クロス”ボタンを押してください。

すでにあるサウンドを聞く場合、”スピーカー”アイコンをクリックしてください。

“アップデート”タブではサーバーリクエストからの定期アップデートを設定することができます。この設定を無効化すれば、プログラムが新バージョンまでアップデートしません。

”オーダー”内で”スタートテスト後の一時停止を設定する”をアクティブ化することができます。このオプションが有効化され、"テスト開始”ボタンをクリックすると"一時停止”をクリックするまで新規バーは表示されません。

表示
次へ
前へ

X
Forex
Tester

Forex TesterはFXマーケットのトレードをシミュレーションできるソフトウェアです。 FXトレードストラテジーを作り、テストし、修正し、利益を上げる方を学べます。(マニュアルトレードも自動売買もテストできます。)

Forex
Copier 2

MT4の口座同士のトレードをコピーするソフトです。すべてのFXブローカーで使用できます。ロット調整、リスク管理、トレードのフィルター、逆トレードなど多くの機能があります。ライセンス買取式です。

Forex
Smart Tools

優秀なマネーマネージャーになるのを助けます。FXトレードで稼ぐエリートグループの仲間になれます。