動作モード
次へ
前へ

Forex Testerには、2つの動作モードがあります。履歴モードとテストモードです。以下の図は、これら2つのモードの関係を表しています。

working modes

履歴モードは、以下の目的のために設計されています。

  1. これは、あらゆる通貨シンボルを対象に全体的な履歴データを保管しています。
  2. このモードでは、 データセンター を使用して作業し、新しい通貨ペアを追加または削除したり、設定を調整したりすることができます。
  3. データベースを対象として履歴見積をインポート/エクスポートすることができます。デフォルトでは、プログラムのインストール後、14の主要な通貨ペアがすでに事前設定されており、そのそれぞれについて履歴1ヵ月分がインポートされます。こうしたごくわずかの履歴はデモ目的として、インストールパッケージのサイズをあまり大きくしないようにするためにインストールに盛り込まれています。インストール後は、2001年1月1日から現在まで データセンター を介して私たちのサーバーから履歴全体をダウンロードすることができます。
  4. 履歴モードの次に重要な目的は、テストモードを対象としたデータを準備することです。データベースからテスト対象のシンボルと期間を選択することができます。例えば、2004年から2006年の期間についてEURUSDの戦略をテストしたいとします。この場合、選択された期間について、この通貨を対象に ティックデータ生成によってテストデータ用としてこのデータを準備する必要があります。
  5. そして最後に、このモードはチャートを使用する静的なモードとして使用することができます。このモードでは注文を入れたり、履歴をリプレーすることはできませんが、チャート上の描画は履歴の分析のためのその他すべての機能は利用できます。

テストモードは、取引戦略を練習とテストを行うことを目的として取引ターミナルをエミュレートするために設計されています。これを使用すると、以下を行うことができます。

  1. スピードを調整して、履歴データを「リアルタイム」のようにリプレーすることができます。このため、トレーダーは市場がどのように変化したか見ることができ、一時停止して現在の状況を分析したり、必要なだけ期間をリプレーすることができます。
  2. 現実界と同じように履歴データに対して取引を行ったり、マージンの変化、残高や株式(またその他統計情報)を見たり、取引の意思決定を行うことができます。
  3. 自動戦略のテストを行うことができます。

このドロップダウンリストを使用すると、これら2つのモードを切り替えることができます。

mode switcher

各モードには独自のデスクトップ(チャート数と配置)がありますので、これらのモードを切り替えると、チャートの配置は選択されたモードによって変化する点に注意してください。また、一方のモードで利用できる操作が他方では利用できないこともあります。例えば、テストモードでは[Start Test]ボタンは使用できますが(このモードにおいてのみテストできるためです)、履歴モードでは使用できません。データセンターについても同様です。履歴データのインポート/エクスポート/準備は履歴モードのみで実行できますので、テストモードでこれらのボタンは選択不可(グレー)になっています。

動作モード
次へ
前へ

X
Forex
Tester

Forex TesterはFXマーケットのトレードをシミュレーションできるソフトウェアです。 FXトレードストラテジーを作り、テストし、修正し、利益を上げる方を学べます。(マニュアルトレードも自動売買もテストできます。)

Forex
Copier 2

MT4の口座同士のトレードをコピーするソフトです。すべてのFXブローカーで使用できます。ロット調整、リスク管理、トレードのフィルター、逆トレードなど多くの機能があります。ライセンス買取式です。

Forex
Smart Tools

優秀なマネーマネージャーになるのを助けます。FXトレードで稼ぐエリートグループの仲間になれます。